用語解説

CPRM(Content Protection for Recordable Media)

CPRMとは、記録用媒体にかけられる、著作権保護技術のひとつです。
地上デジタルテレビ放送を録画する際には、CPRMに対応したレコーダーおよび記録用メディアが必須となります。

記録用メディアとしてはDVD-Rが主流ですが、CPRM対応製品には「DVD for CPRM」と記載されています。
またこのほかに「DVD for VIDEO」という表記もあり、こちらもCPRM対応になっています。
CPRM非対応のDVD-Rには、「DVD for DATA」と記載されています。

ところで、デジタル放送の録画以外が目的であれば、CPRM対応の記録メディアをあえて選択する必要はありません。
CPRMはあくまで、地上デジタル放送やBSデジタル放送の録画用規格となっています。
デジタル放送を録画するのでなければ、「DVD for DATA」でも動画は記録できます。

CPRM対応の記録用メディアは近年、その製造数の増加から非対応のメディアよりも廉価になってきていますが、古い規格のDVDプレイヤーやデッキ、DVDドライブでは、正常に動作しないというデメリットもあります。
こうした点から、DVDプレスのお客様がマスターディスクを作成される場合には、「DVD for DATA」と記載されているCPRM非対応のDVD-R、DVD-R DL、DVD+R DLのご使用をお薦めしております。