光ディスクの豆知識

大事な作品を違法コピーから守る!コピーガードの規格について


 デジタルコピーの脅威 

違法コピーのイメージ

デジタルコピーは、短時間で、ほとんど手間もかけずにオリジナルとまったく同じものを大量に複製することができるので、著作権者にとっては大きな脅威となります。 場合によっては、オリジナルよりも低価格で、コンテンツが多い(二枚組の内容を一枚にまとめていたり、10カ国分の字幕が入っていたりする)海賊版がオリジナル版の売上に大きな被害を与えてしまう可能性があるからです。 実際にCDでは、海賊版や違法コピーによる被害が後を絶ちませんでした。 そのため、DVDの規格を決める開発の段階で、配給会社やレコード会社など利害関係者の強い要請により、強力なコピープロテクトが必要とされたのです。その代表的なものがここでご紹介する「CSS」で、 映画作品や、アーティストのライブ映像等、販売用のDVDビデオソフトでは、多くがこのCSSという規格のコピーガードを用いて違法コピーを防いでいます。




 コピーガードの規格 - CSSとは

CSSとは、Content Scramble System(Content Scrambling Systemと表記されることもある) の略で、DVDビデオにおける、映像を暗号化する技術です。松下電器産業と東芝が中心となって開発を行い、現在は アメリカのDVD Copy Control Association社がライセンスを管理しており、DVD再生器機メーカーなどに供与しています。




 CSSの仕組み 

CSSとは、ひとことでいえば、「DVDビデオの映像を暗号化してディスクに記録し、再生時に復号する仕組み」ということになります。実際にDVDにコピーガードをかける場合は、 オーサリングの段階でCSS設定を行います。映像の暗号化は、このCSS設定をもとにDVDプレス工場が行います。そして暗号化された映像は、 上述のDVD Copy Control Association社により認可されたプレーヤーでのみ復号可能な仕組みになっています。ここでいう「プレーヤー」とは、 再生専用の器機のみならず、PCで再生するときに用いられるソフトウェア、アプリケーション等を含みます。 もし、DVDか、プレーヤーか、どちらかがライセンス認定されていないものであったら、正常には再生されず、スクランブル表示されてしまいます。なお、CSSが有効なのは、DVDビデオ形式のディスクに 限られます。




 CSSは法的にも認められたコピー防止の技術 

著作権のイメージ

CSSの復号キーは、ライセンスを付与された正規のプレス工場で生産された、再生専用のDVDだけに存在するものです。 仮に記録型DVDディスク(DVD-R等)にコピーして、プレイヤーにかけたとしても、CSS復号キーまではコピーできないので、 プレイヤーはDVD-R内の復号キーを認識できず、再生することができません。 これは厳密にいうと、コピー自体を防ぐ、というよりは、コピーしたデータが再生できないようにアクセス方法を制限する、 ということになりますが、 国会では2012年6月20日にCSSを「著作権等の技術的保護手段」に追加する、という著作権改正法案が可決されています。これにはDVDリッピングの違法化も盛り込んでおり、 今では、仮に何らかの方法でCSSのコピーガードを解除してリッピングが出来たとしても、 CSSを解除すること自体が違法となるので、法的にもコピーの防止ができる、ということになります。